レモンの初心者でもできる育て方ってあるの?

レモンの育て方ですが、種類や品種選びに気をつければ、初心者でも比較的簡単に栽培できるのは間違いないでしょう。
この植物は、基本的に雨が少なくて温暖な気候を好むため、このような環境にお住まいの場合は何の問題もありません。
だからと言って、寒い地域に在住の方でも諦めることはありません。
たとえ初心者であっても、寒さが厳しい所に住んでいても、育て方さえ間違えなければ、立派なレモンをゲットすることは十分に可能です。
そのためにも、寒さに耐えることができる品種をしっかり調べた上で、苗木を購入するのが望ましいでしょう。
そして肝心の土選びですが、鉢植えにするなら、腐葉土や赤玉、それに川砂等を適量、混ぜ込んだものがお勧めです。

栽培用の土をこのように調合すれば、水はけが良くなる上にレモンの栄養分も補給できるので、元気に育つに違いありません。
更に、鉢植えをどこに置くか?ですが、日当たりが良好な場所であればグッドです。
水やりは、土の表面が乾燥してきてからでも大丈夫。
あまり過剰に水をかけると、根腐れの原因となるので注意しましょう。
また、肥料を常に絶やさないように与えることも忘れないでください。
このように、レモンの育て方は初心者の方でも、それ程難しくないのは間違いありません。

1lemon

レモンの育て方と収穫方法を教えて!

レモンの香りは想像するだけで爽やかになります。
レモンはお店で買うと、国産の物は1つ何百円もします。
お菓子作りや料理のアクセントとして利用出来る優れものですが、皮をすりおろして使う事も多く、農薬が付いているのが気になります。
レモンは家庭菜園でも育てる事が出来ます。
難しそうに感じるかもしれませんが、育て方はとても簡単です。
また1本の木から沢山収穫出来るので、毎年収穫するのが楽しみにもなります。

まず園芸店に行ってレモンの木を購入します。
木と言っても鉢植えに入っているのでそんなに大きくありません。
そのまま鉢植えで育てる事も出来ますし、自宅の庭や畑で地植えしても良いです。
育て方は、地植えする時に肥料を土に混ぜてから植えていきます。
あとは水を毎日あげるだけです。
虫もあまりつかないので農薬も必要ありません。
ただ、アゲハ蝶はこの木を好んでやってきて卵を産みますので、見つけたら軍手などで取り除きましょう。
夏になると、小さな花が沢山咲きます。
そして実が出来ていき、秋には沢山収穫できます。
育て方は本当に簡単で、無農薬のレモンを沢山収穫出来ます。
近所の人におすそ分けしても大変喜ばれるでしょう。
ぜひチャレンジしてみてください。

2lemon

ベランダでも栽培できるの?

ビタミンやクエン酸などを豊富に含めため、健康食品としても注目されているレモンですが、実は自宅で手軽に育てられるというのは知っていますか。
鉢植えでの栽培も可能なので、ベランダや室内でも育てることができます。
鉢が大きいほうが大きく育ちますが、小振りな種類もあり、また寒さに強い品種などもあるため環境に応じて育てやすい品種を選ぶとよいでしょう。
ベランダや室内での育て方のポイントとして、日光を与えることが重要になります。
レモンは、日光を好むため窓際などに置くことで、採光を確保するように気をつけましょう。
また、水やりに関してもポイントがあります。
地植えの場合、乾燥に強く過湿を嫌うと言われていますが、鉢植えの場合は水分が少ないことのほうが問題となります。
そのため、夏場は毎日水やりをし、土が乾かないように気をつけましょう。

ベランダでの育て方の最大の注意点として、冬場の寒さが挙げられます。
日本の場合、多くの地域で冬場の最低気温が氷点下を観測することがあります。
レモンは耐寒性が高くないため、それくらいの寒さで落葉してしまいます。
そのため、育て方のポイントとして防寒対策が必要です。
冬場は室内に入れるか、風よけなどで防寒対策を施すように注意しましょう。

3lemon

レモンの育て方とそれに適した土を教えて!

レモンはケーキやシロップ、ジャムなどのお菓子作りに、また健康調味料や料理のアクセントとして、様々な場面で使用される大変使い勝手の良い果実です。
地中海などで多く栽培され、日本では瀬戸内海などの比較的温暖な地域での栽培が有名です。
そのレモンの育て方は意外と簡単で、自宅でも鉢植えで育てることが可能です。
その育て方のポイントの一つに、使用する土の配合が挙げられます。
レモンは、肥沃で水はけの良い土で、弱酸性から中性くらいまでのpHが良いとされています。
そのため、赤玉土と腐葉土を配合したものを使用するか、そこに1割程度の砂を混ぜたものが良いでしょう。
また、その育て方において注意が必要なのが肥料のやり方です。

先ほども述べたように、肥沃な土を好むため、元肥、春、秋の年間で計三回の肥料やりをすることで、肥料切れを防止します。
その中でも、春から夏の間の生育期間においては、多くの肥料を必要とするため、肥料切れの兆候が現れた時には、即効性の高い肥料を追肥するようにしましょう。
さらに、鉢植えの場合は乾燥にも注意が必要です。
通常、レモンは乾燥に強いと言われていますが、鉢植えの場合は乾燥がレモンにとって悪影響なので、水やりで調整しましょう。

4lemon

レモンの冬の育て方ってあるの?

ご存知の方も多いかもしれませんが、レモンは割と温暖な気候を好むため、冬の寒さには弱いと言われています。
特に、日本では温暖な地域であればさほど問題ありませんが、冬場も温暖な地域というのは限られています。
そのため、地植えの場合は防寒対策が必須であると言えます。
レモンの木の葉っぱは、寒くなると黄色くなり、落葉してしまいます。
一時的な寒さで-3度程であれば耐えることができると言いますが、関東以北になるとそれ以上の寒さになることも頻繁にあります。
そのため、その地域での育て方としては鉢植えで室内で育てることがおすすめです。
関東以西の地域であれば、地植えでも冬場は農業用の不織布などでくるむことで、かなりの防寒対策になるため、手軽でおすすめな方法であると言えます。
そして、レモンの室内での育て方の注意点として、一つは日光の問題です。
レモンは非常に日光を好む植物であるため、日中は窓辺でたっぷり日光を浴びれる環境であることが望ましいです。

さらに、鉢植えの育て方の場合、冬場の暖房による乾燥には注意が必要です。
冬場は夏場に比べると、水やりの頻度は少なくても良いとされています。
しかし、土の乾き過ぎは、レモンにとってあまりよい環境ではないので気をつけましょう。

5lemon

レモンにまつわること

ここで解説したのはレモンの育て方にまつわることですが、レモンの効果についてのことを知ることも大切です。
レモンといえば、様々なことに効果的なのですが、黒ずみ対策について調べていると出てくることもあります。
黒ずみのサイトを見てみてください。